11月 03

Lightning to Micro USB Adapter

ご無沙汰してます。わら。です。
さて、前回の記事にご質問がありましたので、取り急ぎアップしてみます。

ご質問があったのは、Lightning to Micro USB Adapterとパワーサポートのエアージャケットとの干渉についてです。コメント返しをさせていただきましたが、画像が貼れないので新たに記事に書き起こしました。

エアージャケットのボトム部分はきっちりとヘッドホン端子部分、マイク部分、スピーカー部分、そしてLightning端子部分が切り抜かれています。ご質問があったのは、Lightning端子部分の切り抜きが小さいため、Lightning to Micro USB Adapterが接続できるか?というものでした。

結論から申し上げると、問題なく使用できます。
Lightning to Micro USB Adapterとの接続部分を拡大してみました。

Lightning to 30Pin Adapterはツライチなので干渉して使えませんが(購入してから気付きました。残念!)、Lightning to Micro USB Adapterは問題なく接続して認識します。試しにeneloop mobile boosterと接続して充電できるかを検証しましたが、問題なく充電できます。

このような感じで、エアージャケットを着けたiPhone5でも問題なしです。充電できます。
コメントにて質問がされるまで、全く気付かない盲点でした。エアージャケットはパワサポというブランドだからという理由で購入しました。iPhone4の時も使っていましたが、心なしかジャケットの肉厚が太くなっている感じがします。4の時は側部の音量調節部分を破損してしまって買い直ししましたが、今回のは心配なく使えそうです。

取り急ぎの投稿になりますが、ご質問くださった甲斐さま、どうもありがとうございました。
検索からたどり着いてこられたとのことで、Lightning to Micro USB Adapterのレビューがあまりないのでしょうか?
ご存じの通り、昨日から日本でもLightning to Micro USB Adapterが正式に発売になりましたので、入手が容易になりました。値段設定には疑問を覚えますが、純正という観点からは仕方ないのかもしれません。

Lightning to Micro USB Adapterが国内で正式発売されましたし、何かの参考になれば幸いです。
(写真は急いでいたのでコンデジにてマクロ撮影。なのでホワイトバランスがおかしいですがご了承ください…)

10月 20

iPhone5ゲット

大変ご無沙汰しています。わら。です。
更新が遅くなってしまいすみません。仕事上、10月は秋学期スタートになり、バタバタとしていて更新する暇がありませんでした(いいわけ)。
学生の方はあまり感じないかもしれませんが、教員側は学期スタートの時期は非常にバタバタしています。授業準備だけでも結構な労力になりますし、それ以外の教務事務作業が加わるのであくせくしていました。と言っても私は専任ではないので会議などがない分楽ですが。専任の先生は本当に大変です、はい。過去に専門学校で専任教員をしていましたが、その時代は半端ない忙しさでした。

さてはて、そんな言い訳は置いといて。
本日無事にiPhone5白32GBをゲットしました!
4の時はソフトバンクショップで予約して1ヶ月待ちで入手しましたが、今回はオンラインで予約してみました。発売日の21日に予約して、20日の本日ゲットになりましたので、ちょうど1ヶ月でゲットしたことになります。ヨドバシや大手量販店で予約してみようかとも思いましたがじっと待ってみました。なので入手は他のブロガーさんよりも遅いです。つまり、ネタとしてはかなり古い鮮度の落ちたものになってしまいます。とほほ。

iPhone4の時から待望の白をゲットできました。4はご存じの通り白は発売が延期になってしまい、待てないので仕方なく黒を選択しましたが、ようやく白をゲットできました。

あまり面白みもないですが、本体+画面です。1行分アイコンが増えたので、配列を整理してこんな形に。特筆したものはありませんが、私の使い勝手がわかるかと。ゲーム類はないです。実用重視で第一画面を作ってます。なので交通関連や地図が多いですね。写真にはありませんが第二画面以降はあまり使わないアプリ類を入れてます。Passbookは現状なにも使えませんが(ANAは使えるか)とりあえず第一画面に置いてます。

液晶保護フィルムとケースはApple信者御用達のパワーサポート エアージャケット(クリア)を選択しました。2680円と比較的高いですが、パワサポのはフィルムもケースもしっかりしていて使いやすく、4の時から愛用しています。というよりも、パワサポ製品は史上最強のマウスパッド(Airpad Pro)、エアーソール、果てはiPod Classicのジャケットと、私のApple製品の相棒として愛用しています。偽造品が出回るくらいのメーカーですから、良い品を日本国内で製造している印象のよいメーカーです。

白を選んだのは、この背面の美しさです。当然黒でも綺麗なのですが、シルバーと白のカラーレイアウトは思わずうっとりしてしまうものです。写真では前述のパワサポのジャケットを着けています。りんごマークが綺麗に見えますね。やっぱAppleはりんごマークでしょう(なんじゃそりゃ)。

さて、これまたご存じの通りiPhone5になってDockケーブルからLightningケーブルになりました。iPodも使っている私としては過去のケーブルやアクセサリがそのままでは使えなくなってしまうのでちょっとがっかりな部分です。変換アダプターは2800円と高価ですし、それならケーブルを追加購入したほうが安上がりです。しかし、ケーブルも品薄という状況。変換アダプターをAppleのオンラインで注文してみましたが、納期は11月になってからです。

ということで、充電用とMac同期用とで2本ケーブルが必要になった私。どーするか?
答えはこれです。

Mac a La CarteのHattiさんが50万アクセスを記念してプレゼント企画をされていました。そこで日本では未発売のLightning to Micro USB Adapterを、何と抽選でゲットしてしまいました!Hattiさん、本当にありがとうございますm(_ _)m 本来はHattiさんが複数購入されていたものを、わけていただく手はずだったのですが、幸運にもプレゼントで頂戴しました。何とも嬉しいことです。Hattiさんと抽選に協力されたyucovinさんに、改めてお礼をさせていただきたいと思います。

このアダプターの入手動機は日本未発売という希少価値と、普段鞄に入れているeneloop mobile Boosterを使う時にMicro USBケーブルに接続して使えればなー、というのがあってのことです。しかしながら、Lightningケーブルがゲットできないので、Dock変換アダプターが到着するまでの間はエレコムのMicro USBケーブルに接続して、Macとの同期に使うことにしました。エレコムのケーブルに関してはHattiさんが記事にされていますね。私はMacとの同期に使うので1mのものを購入しました。

エレコムを選んだ理由は特にないです。サプライ品大手メーカーというくらいでしょうか。あまりにも安い、無名のメーカーのものは使いたくないので…

ともあれ、無事にiPhone5をゲットできました。開封の儀とかはもうネタとしては古いものですし、他のブロガーさんがされていますので省略。
私の場合は、iOS6のマップの出来具合のあまりのひどさに、iPhone4は敢えてアップグレードしませんでした。なので、5になって純正マップを見て唖然としました。奈良県の片田舎に住んでいますので、期待はしていませんでしたが想像以上でした。近鉄の駅すら表示されないという…。(酷評はこれくらいにしておきます)
LTEについては、これまた片田舎に住んでいますので圏外で3Gで接続されます。まあ仕方ないですかね。

インプレッションも出遅れ気味ですが、こんな感じです。あ、心なしかwifiでネットに接続したら4よりは速い気がします。これはA6チップのせいか、メモリのせいかわかりませんが。

SoftBank回線で機種変更をしましたが、ホワイトプランが2年縛りになってしまいました。4の時は縛りなしのホワイトプランでしたので、ちょっとがっかりです。私の家庭は全員SoftBankですので無料通話を考えるとauにはできませんでした。仕事用にはドコモのガラケーを持っていますが。

長々となりましたが、待望のiPhone5をゲットでき、満足しています。LTEやプラチナバンドなど、回線の動向はしばらく経たないとわかりませんが、現状満足していますので愛用していきたいと思います。

おまけ。

配送されてきたiPhoneについてきた、お父さんストラップ。iPhoneにはそのままではストラップ付けられないのですけど…。

おしまい。

9月 24

Happy Hacking Keyboard

こんにちは。わら。です。
本日から私の職業は秋学期(後期)開始です。長い夏休みでした。といっても、春学期(前期)の試験・レポート採点やら成績評価やらの事務作業、そして学会発表とやることはたくさんあったので、出勤していないだけで在宅の仕事はたくさんありましたが。友人達からは「夏休みが長い」と、うらやましがられますが、在宅仕事が多い(=無給)ですのであまり良いとは思えないですが。

さて、そんな中9月中旬に学会発表で東京に行ってきました。年に2回は何らかの仕事で東京には行っています。今回は自分の発表以外のシンポジウムやワークショップには余り興味がなかったので、短めの日程でした。それでも秋葉原巡回は定番です。特に何も買うものがなくてもついブラブラと足を伸ばしてしまいます。何故でしょうか…。

そんな中、興味があったのが、イオシスの系列店BEAT-ON!で見かけたHappy Hacking Keyboard Lite2 for Mac です。以前、若旦那の独り言wp (MacFanライターの矢橋司さんのblog) で中古で安く売られている、とあったので、試しに覗いてみたら店頭に並んでいました。
中古ということで日焼けや汚れが目立つ物ばかりですが、あまり日焼けしていないものがあったので、購入してみました。2,980円で買いましたので、定価の約半分というところでしょうか。

HHKBはよく知られたPFUのKeyboardで、私の知り合いの先生もMacで愛用されています。私はMacBookからの純正アイソレーションキーボードに慣れていましたので、これまでは純正のワイヤレスを使っていました。キーボードは使用者によって相性や使い勝手があるので万人に受けるものはないのが当然なのですが、評判が比較的良いので試し買いです。

中古とあって汚れがひどかったので、帰宅後通電、正常に起動できることを確認してから、掃除に取りかかりました。キートップ引き抜き工具を使って全部キーを外し、キーは洗面器に洗剤を入れてつけ置き。本体は分解できませんでしたので洗剤とぞうきんを使って綺麗にし、ダスターで埃を取り除きました。潔癖癖があるので中古の洗浄は必須です。ましてや手指を使う入力機器ですし。

洗浄後の写真がこれです。キートップにテカリはあるのと、Kanaキー下の本体部分に洗剤で取れない汚れがあるくらいで、十分使えるものに仕上がりました。(できればこの状態で売って欲しいところですが(^^;))

違う角度からのアップ。新品に見えるのは写真のマジックです。(リサイズ以外、加工はしてません)

HHKBは純正とは違って昔からのキーボードのコンパクト版です。しかもファンクションキーがないタイプ。私はATOK使用者ですが、カタカナを入力する時にF7キーを使って変換することがあるので、わざわざFnキーを押しながら数字キーを押すのは面倒にはなりました。あと、iTunesで音楽を聴きながら作業していることも多いので、純正にある再生やスキップキーがないのもちょっと惜しいです。後はコマンドキーが純正より小さいというのもちょっとがっかりな部分です。

しかし。Liteとはいえ(Mac版はLiteだけですが)打鍵も良く、慣れれば普通のキーボードとして十分です。自己流のタッチタイピング(「ブラインドタッチ」は差別的表現があるそうで)ですのであまり正式なタッチタイピングができませんが、慣れない訳ではなく、ミスタイプも少ないです。そしてキーから「かな文字」が消えてシンプルなのもいい感じです。

先述の通り万人に適した物ではありませんが、書き物をよくする人には、キーボードの善し悪しでストレスが左右されるかと思います(そういった研究があるかはわかりませんが)。実際この記事もHHKBで書いていますし、購入してから約2週間経ちますがずっとHHKBで入力作業してますが、結構馴染んできています。

このHHKBは東京大学の情報基盤センターのMacでも使用されています。東大はMacを大量導入していて、Windowsは仮想環境で使っているそうです。ちょっとびっくりです。

秋葉原にアクセスが近い方は一度見てみてはどうでしょうか。大手量販店でも実物サンプルを置いていますので、打鍵感は体験できます。
メンブレン式のもので、私の印象としては軽い入力感です。ただ打鍵音は純正がほとんどしないのに、結構な音がしますが。(Cherryとかメカニカルほどは激しい音はしませんが深夜の入力作業はちょっと…)

Amazonで調べてみたら執筆現在で4,163円でした。新品でこの値段だったらこっちの方が良かったかも…。

有線+テンキーレスですのでその点はご注意を。私はしばらく使ってみようと思います。飽きたら純正に戻すかもしれませんが…

9月 16

iPhone5発表に関しての雑感。

iPhone5が発表されましたね。
ほぼ事前リークの通りだったので、私にはあまりAmazingなことはありませんでした。
気になったのは価格と料金プラン(通信定額)くらいでしょうか。

価格は4Sとほぼ変わらずで、4ユーザーにとっては有り難い価格ではあります。
で、通信定額に関しては、auもSoftBankもLTEになりました。そのため、価格がSoftBankでは実質1000円程度の値上げになっています。ここがミソで、両キャリアともLTEは今回のiPhone5から提供開始。docomoのXiは3大キャリアで一番サービス開始が早かったのですが、現状私の住んでいる奈良県ではほとんどエリア外です。そんな状況のなか、auやSoftBankといった後発陣がどの程度エリアを提供するのか、未知数です。両キャリアとも、サービスエリアを公表してますが、あくまでも予定エリア。実際にどの程度使えるのかが問題になってきます。

私はSoftBankのiPhone4を利用していますので、買い換えを検討してはいるものの、飛びつき(初回予約)はしませんでした。
理由としては、
1.上述のLTEサービスエリアがどの程度かわからない。
2.iOS6がどのような変化をもたらすか不明。特にGoogleMapが使えなくなるのは不便。
3.Lightning対応アクセサリーがどの程度発売されるか不明。

といったところでしょうか。
特に3のLightningに関してはリーク通りですが、従来のDockとの変換アダプターが高いですね。Magsafeのアダプター程度の価格(980円)だったら飛びついていたかもしれませんが、従来のDockアクセサリをたくさん持っている私にとってはしばらく様子をみていくことが必要と感じました。

あとはテザリングですが、私の環境の場合E-MOBILEを使用していることもあり、わざわざ電池の持ちが下がるテザリングには余り興味はありません。もっとも、スマートにネット環境を構築出来るという点ではいいかもしれませんが。

また、料金プランです。(画像はSoftBankのHPより引用。)

LTEで料金が上がることは、設備投資の面からよくわかるのですが、SBで5460円はちょっと高い。私の場合ですと32GBを使用していますので、そもままの容量だと7185円〜になってしまいます。ちょっと高い気がしますね。

SBはLTEの容量を7GB制限を一時上げていて、その後HPからは撤回されるなど、auとの価格戦略を考えている気がします。上述のようにLTEがどの程度使えるのかわからない現状では、私には高い料金プランに変更することを躊躇してしまいます。

魅力的な機種をJobs亡き後発表したAppleには敬意を表します。
あとは、どの程度使えるか、キャリアの努力に任される部分だと思います。
特にSBの場合は鳴り物入りでプラチナバンドを出してきたものの、直ぐにLTEに流れるというなら、ちょっとなーと思ってしまいます。LTEに関してはAppleの戦略もあり、また秘密保持の点から両キャリアとも今まで発表出来なかったのでしょうが。

加えて言及するなら、ここで起死回生のチャンスだったのに飛びつかなかったdocomo。LTEに関してはXiで先行してるのですから、解約率がトップという不名誉な状況を改善できるチャンスだったのではと思ってしまいます。私はdocomoのガラケーを仕事用に使用していますが、ここでdocomoからiPhoneが出ていたら、流れは変わっていたと思ってしまいます。

本来であれば、発表当日にエントリーしたかったのですが、情報が錯綜していましたので、ちょっとエントリーが遅くなりました。

と言うわけで、私的には買い換えを前提にしているものの、しばらく様子見というところです。
21日から発売ですので、その頃からレビューがどんどん出てくるでしょうから、それを見ながら検討していきたいと思います。多分、SBで機種変になると思いますが…いつになるやら(^^;)
個人的にはこのままの情報状態だと、供給が落ち着く頃、春頃に変えることになるかもしれません。

iOS6に関しては、19日から提供されますが、おそらくアップはしないと思います(Mapの問題で。)

さてはて、21日を楽しみにされている方同様、私も影ながら情報を探りながら、推移を見守って行きたいと思います。

8月 24

Lion→MTLionへの些細な変更点

新MBAは本日10.8.1がでましたので早速アップデートしました。
Twitterで流しましたが、今までのアップデートとは異なり、OSを丸々インストールしている感じの画面が出てきます。ちょっとびっくりしました。個体差はあるでしょうが、所要時間は20〜30分程度です。4GBくらいのボリュームでしたので、DLにも時間がかかりました。

さてはて。ぱっと見ですが変わって目立った点はありませんね。bug fixなのでしょうか。それにしても長いインストールだったなー。

それはさておき。
ちょっとした点を記しておこうと思いました。LionからMTLionへの変更点で気になった点が。
バッテリーの表示です。

以前のLionまでは、時間表示がデフォルトでした。%表示にもチェンジができます。

が、新しいMTLionの場合。

時間表示はクリックしないと見れなくなってしまいました。%表示がデフォルトのようです。

さりげない変更なのですが、私の場合は微妙に厄介なものなのです。
教育現場でMacを使ってると、授業中に電源がなくなるとおしまいなので、あとどれくらいか知ることは大事なのです。なので、Lionまでは予想稼働時間をもとに使っていました。
が、今回の変更に伴い、わざわざバッテリー表示をクリックしないと予想稼働時間を見ることが出来なくなってしまったのです。

スムースかつシンプルを求めるAppleのことですから、%表示の方が良いのかもしれませんが、私のように講義時間が限られている+2コマ連続とかだと、バッテリーの残量が気になってしまいます。ちょっとした改悪のような気がしてならないです。

単にクリックしたら良いじゃん?とは思われるかもしれませんが、講義中にいちいちMacを触っていると学生の集中力が下がりますし中断してしまいます。さりげに残量をみていたのですが…。

もともとACアダプターを持って行っている(1回忘れて大変な目にあったけど)のですが、やはりケーブルレスのほうが準備や片付けには便利なので。

なんでこういう変更をしたのかな?と疑問に思います。

8月 20

AppleCare加入。

AppleCareに加入しました。
今まで買っていたMacは加入してませんでした。理由は高いから(^^;)
幸運にも、今まで加入していないMac達は不具合もなく動いてくれています。とくにポリカのMacBookは2007年購入にもかかわらず、大きな不具合なく現役で活動してくれてます。

そんな私が今回初めて、MacBookAir(mid 2012)をAppleCareに加入した理由は。
1.液晶プロジェクターとの接続不具合(今までの記事にあるやつです)
2.比較的長期間使用予定で仕事用。

この2点です。
ご存じの通り、AppleCareに加入すると保証期間が購入から1年から、購入から3年までに延長されます。ただ、高い。24800円。教職員割引を活用しても19800円。
ということで、Amazonを活用させてみることにしました。Amazonだとマーケットプレイスで15500円でしたので、教職員割引よりも安いことになり、購入しました。

昨日日曜に注文したのに、即日発送(日曜なのに)、本日午前中に到着。

既にご存じの方が多いですが(^^;)素っ気ない箱です。

中身も説明書と登録のコードが書いた紙だけです。簡素そのもの。
Appleロゴのステッカーは入ってませんでした。

早速登録してみます。登録サイトから登録ボタンをクリックして次の画面へ。

登録にはMac本体のシリアルと、AppleCareの登録コードが必要です。
次の画面に行く前に、AppleIDを求められますので、入力しておくと住所や氏名が自動入力されます。私の場合は所属機関に大学名が入っていました。教職員割引でオンライン購入したのでその時の情報が反映されているようです。(個人情報満載なのでこの部分のスクリーンショットはないです。)

登録が完了するとこのような画面に。ちゃんとMac本体と紐付けされました。完全な登録反映には少し時間がかかるようです。

その後、メールで登録書なるものが送られて来ます。といってもテキストですが。
気になった点は、有効期限が購入日の3年後の日付になること。購入日とは、リアルストアで購入した場合は即受け渡しになると思いますのでそれで良いかと思いますが、私の場合はCTOでしたので、中国から発送された日になっていました。通関トラブルがありましたので、実際に手に入った日は数日後になっています。そのあたりのCareもしてくれると良いのですが。まあ些細な日の誤差かもしれませんが。

あとは。なぜか登録書の所属が前の大学の所属に。これはちょっと理由がわからないのですが…

AppleCareはあくまでも自然故障のみの対応ですので、誤って落下させて破損させてしまったり、改造した場合は保証が効きません。もともとMacBookAirは改造できる部分がSSD交換くらいしかできませんので、そのあたりは気にしないでいいのですが、破損は気を付けないといけないですね。

そして、できればこのサービスを利用しないことを願うばかりです。大学の後輩がロジックボード全交換になったにもかかわらず再度修理が必要になってしまったこともあり、ドツボにはまるケースもあるようですので。

そういう意味でも、保険だと考える方がいいですね。

さて、大学は秋学期(後期)までは時間がありますが、秋学期は無事に使用出来るでしょうか…

8月 05

不思議なお買い物。

はてさて。このバカ高いケーブルはいったい…

Dockコネクターの延長ケーブルです。珍しいものなので需要がないからか1780円もする代物。
そんなものをなぜ買ったのか?答えはこれ。

社外品のDock接続のモバイルバッテリーです。通販で2000円くらいと格安で買いました。その割にeneloopの小さいのより大きい、2800mAhのキャパがあります。そのため重宝していたのですが、iPhoneのケースが干渉して使いづらかったのです。そこでGoogleさん検索。するとエレコムから出ている。なので、今日大阪に行く用事の帰りに買ってきました。

これで無事に?普通に充電できるのかな。あ、さすがに1780円全額払うのは嫌だったのでポイント使いました。こういう小物を買う時にポイントって便利。
っていうか、eneloopモバイルブースター持ってるなら2つも不要じゃん(^^;)

【追記】
iPhoneと接続してみましたが…ケーブル超太いっす。取り回しがかなり困難な感じ。純正品の倍近くはあると思います。車載デッキ用のケーブルみたいだ…。写真奥に映っているのはヘッドホン延長ケーブルです。比較できる写真ですね。

7月 13

何故か繋がるプロジェクターも

びっくりです。

午前中のお仕事先。普段は備え付けのWindowsとEPSONのプロジェクターを直結しているのですが、休憩時間にMBA出して見て直結させてみました。

すると…映った!! 型番をメモしておいたので書くと、EMP-760というモデル。2005年発売らしいけど、映ったのです。ますます混乱を極める私。直結なら古いものでも大丈夫?やはり調整卓が問題なのかな?とも疑ってみるものの、ネットにも情報がなくて何とも言えない。

こりゃ困りました。

7月 11

Appleからのお届け物。


Appleからお届け物。新しいMiniDisplayPort-VGAケーブル、そしてなぜかDVIも(笑)
間違えてますって電話したらVGAも送ります、とのことで2つ到着。


VGAのほうは、ファームウェアNo.が1.03になってます。これで解決できるのか…?

そして、DVIは返さなくても良いみたいだ。使い道今のところないけど。リッドクローズドモードで使うことがあるかもしれない。今のMac miniが調子が悪くなったらの話ですが。