9月 24

Happy Hacking Keyboard

こんにちは。わら。です。
本日から私の職業は秋学期(後期)開始です。長い夏休みでした。といっても、春学期(前期)の試験・レポート採点やら成績評価やらの事務作業、そして学会発表とやることはたくさんあったので、出勤していないだけで在宅の仕事はたくさんありましたが。友人達からは「夏休みが長い」と、うらやましがられますが、在宅仕事が多い(=無給)ですのであまり良いとは思えないですが。

さて、そんな中9月中旬に学会発表で東京に行ってきました。年に2回は何らかの仕事で東京には行っています。今回は自分の発表以外のシンポジウムやワークショップには余り興味がなかったので、短めの日程でした。それでも秋葉原巡回は定番です。特に何も買うものがなくてもついブラブラと足を伸ばしてしまいます。何故でしょうか…。

そんな中、興味があったのが、イオシスの系列店BEAT-ON!で見かけたHappy Hacking Keyboard Lite2 for Mac です。以前、若旦那の独り言wp (MacFanライターの矢橋司さんのblog) で中古で安く売られている、とあったので、試しに覗いてみたら店頭に並んでいました。
中古ということで日焼けや汚れが目立つ物ばかりですが、あまり日焼けしていないものがあったので、購入してみました。2,980円で買いましたので、定価の約半分というところでしょうか。

HHKBはよく知られたPFUのKeyboardで、私の知り合いの先生もMacで愛用されています。私はMacBookからの純正アイソレーションキーボードに慣れていましたので、これまでは純正のワイヤレスを使っていました。キーボードは使用者によって相性や使い勝手があるので万人に受けるものはないのが当然なのですが、評判が比較的良いので試し買いです。

中古とあって汚れがひどかったので、帰宅後通電、正常に起動できることを確認してから、掃除に取りかかりました。キートップ引き抜き工具を使って全部キーを外し、キーは洗面器に洗剤を入れてつけ置き。本体は分解できませんでしたので洗剤とぞうきんを使って綺麗にし、ダスターで埃を取り除きました。潔癖癖があるので中古の洗浄は必須です。ましてや手指を使う入力機器ですし。

洗浄後の写真がこれです。キートップにテカリはあるのと、Kanaキー下の本体部分に洗剤で取れない汚れがあるくらいで、十分使えるものに仕上がりました。(できればこの状態で売って欲しいところですが(^^;))

違う角度からのアップ。新品に見えるのは写真のマジックです。(リサイズ以外、加工はしてません)

HHKBは純正とは違って昔からのキーボードのコンパクト版です。しかもファンクションキーがないタイプ。私はATOK使用者ですが、カタカナを入力する時にF7キーを使って変換することがあるので、わざわざFnキーを押しながら数字キーを押すのは面倒にはなりました。あと、iTunesで音楽を聴きながら作業していることも多いので、純正にある再生やスキップキーがないのもちょっと惜しいです。後はコマンドキーが純正より小さいというのもちょっとがっかりな部分です。

しかし。Liteとはいえ(Mac版はLiteだけですが)打鍵も良く、慣れれば普通のキーボードとして十分です。自己流のタッチタイピング(「ブラインドタッチ」は差別的表現があるそうで)ですのであまり正式なタッチタイピングができませんが、慣れない訳ではなく、ミスタイプも少ないです。そしてキーから「かな文字」が消えてシンプルなのもいい感じです。

先述の通り万人に適した物ではありませんが、書き物をよくする人には、キーボードの善し悪しでストレスが左右されるかと思います(そういった研究があるかはわかりませんが)。実際この記事もHHKBで書いていますし、購入してから約2週間経ちますがずっとHHKBで入力作業してますが、結構馴染んできています。

このHHKBは東京大学の情報基盤センターのMacでも使用されています。東大はMacを大量導入していて、Windowsは仮想環境で使っているそうです。ちょっとびっくりです。

秋葉原にアクセスが近い方は一度見てみてはどうでしょうか。大手量販店でも実物サンプルを置いていますので、打鍵感は体験できます。
メンブレン式のもので、私の印象としては軽い入力感です。ただ打鍵音は純正がほとんどしないのに、結構な音がしますが。(Cherryとかメカニカルほどは激しい音はしませんが深夜の入力作業はちょっと…)

Amazonで調べてみたら執筆現在で4,163円でした。新品でこの値段だったらこっちの方が良かったかも…。

有線+テンキーレスですのでその点はご注意を。私はしばらく使ってみようと思います。飽きたら純正に戻すかもしれませんが…

8月 24

Lion→MTLionへの些細な変更点

新MBAは本日10.8.1がでましたので早速アップデートしました。
Twitterで流しましたが、今までのアップデートとは異なり、OSを丸々インストールしている感じの画面が出てきます。ちょっとびっくりしました。個体差はあるでしょうが、所要時間は20〜30分程度です。4GBくらいのボリュームでしたので、DLにも時間がかかりました。

さてはて。ぱっと見ですが変わって目立った点はありませんね。bug fixなのでしょうか。それにしても長いインストールだったなー。

それはさておき。
ちょっとした点を記しておこうと思いました。LionからMTLionへの変更点で気になった点が。
バッテリーの表示です。

以前のLionまでは、時間表示がデフォルトでした。%表示にもチェンジができます。

が、新しいMTLionの場合。

時間表示はクリックしないと見れなくなってしまいました。%表示がデフォルトのようです。

さりげない変更なのですが、私の場合は微妙に厄介なものなのです。
教育現場でMacを使ってると、授業中に電源がなくなるとおしまいなので、あとどれくらいか知ることは大事なのです。なので、Lionまでは予想稼働時間をもとに使っていました。
が、今回の変更に伴い、わざわざバッテリー表示をクリックしないと予想稼働時間を見ることが出来なくなってしまったのです。

スムースかつシンプルを求めるAppleのことですから、%表示の方が良いのかもしれませんが、私のように講義時間が限られている+2コマ連続とかだと、バッテリーの残量が気になってしまいます。ちょっとした改悪のような気がしてならないです。

単にクリックしたら良いじゃん?とは思われるかもしれませんが、講義中にいちいちMacを触っていると学生の集中力が下がりますし中断してしまいます。さりげに残量をみていたのですが…。

もともとACアダプターを持って行っている(1回忘れて大変な目にあったけど)のですが、やはりケーブルレスのほうが準備や片付けには便利なので。

なんでこういう変更をしたのかな?と疑問に思います。

8月 20

AppleCare加入。

AppleCareに加入しました。
今まで買っていたMacは加入してませんでした。理由は高いから(^^;)
幸運にも、今まで加入していないMac達は不具合もなく動いてくれています。とくにポリカのMacBookは2007年購入にもかかわらず、大きな不具合なく現役で活動してくれてます。

そんな私が今回初めて、MacBookAir(mid 2012)をAppleCareに加入した理由は。
1.液晶プロジェクターとの接続不具合(今までの記事にあるやつです)
2.比較的長期間使用予定で仕事用。

この2点です。
ご存じの通り、AppleCareに加入すると保証期間が購入から1年から、購入から3年までに延長されます。ただ、高い。24800円。教職員割引を活用しても19800円。
ということで、Amazonを活用させてみることにしました。Amazonだとマーケットプレイスで15500円でしたので、教職員割引よりも安いことになり、購入しました。

昨日日曜に注文したのに、即日発送(日曜なのに)、本日午前中に到着。

既にご存じの方が多いですが(^^;)素っ気ない箱です。

中身も説明書と登録のコードが書いた紙だけです。簡素そのもの。
Appleロゴのステッカーは入ってませんでした。

早速登録してみます。登録サイトから登録ボタンをクリックして次の画面へ。

登録にはMac本体のシリアルと、AppleCareの登録コードが必要です。
次の画面に行く前に、AppleIDを求められますので、入力しておくと住所や氏名が自動入力されます。私の場合は所属機関に大学名が入っていました。教職員割引でオンライン購入したのでその時の情報が反映されているようです。(個人情報満載なのでこの部分のスクリーンショットはないです。)

登録が完了するとこのような画面に。ちゃんとMac本体と紐付けされました。完全な登録反映には少し時間がかかるようです。

その後、メールで登録書なるものが送られて来ます。といってもテキストですが。
気になった点は、有効期限が購入日の3年後の日付になること。購入日とは、リアルストアで購入した場合は即受け渡しになると思いますのでそれで良いかと思いますが、私の場合はCTOでしたので、中国から発送された日になっていました。通関トラブルがありましたので、実際に手に入った日は数日後になっています。そのあたりのCareもしてくれると良いのですが。まあ些細な日の誤差かもしれませんが。

あとは。なぜか登録書の所属が前の大学の所属に。これはちょっと理由がわからないのですが…

AppleCareはあくまでも自然故障のみの対応ですので、誤って落下させて破損させてしまったり、改造した場合は保証が効きません。もともとMacBookAirは改造できる部分がSSD交換くらいしかできませんので、そのあたりは気にしないでいいのですが、破損は気を付けないといけないですね。

そして、できればこのサービスを利用しないことを願うばかりです。大学の後輩がロジックボード全交換になったにもかかわらず再度修理が必要になってしまったこともあり、ドツボにはまるケースもあるようですので。

そういう意味でも、保険だと考える方がいいですね。

さて、大学は秋学期(後期)までは時間がありますが、秋学期は無事に使用出来るでしょうか…

7月 13

何故か繋がるプロジェクターも

びっくりです。

午前中のお仕事先。普段は備え付けのWindowsとEPSONのプロジェクターを直結しているのですが、休憩時間にMBA出して見て直結させてみました。

すると…映った!! 型番をメモしておいたので書くと、EMP-760というモデル。2005年発売らしいけど、映ったのです。ますます混乱を極める私。直結なら古いものでも大丈夫?やはり調整卓が問題なのかな?とも疑ってみるものの、ネットにも情報がなくて何とも言えない。

こりゃ困りました。

7月 11

Appleからのお届け物。


Appleからお届け物。新しいMiniDisplayPort-VGAケーブル、そしてなぜかDVIも(笑)
間違えてますって電話したらVGAも送ります、とのことで2つ到着。


VGAのほうは、ファームウェアNo.が1.03になってます。これで解決できるのか…?

そして、DVIは返さなくても良いみたいだ。使い道今のところないけど。リッドクローズドモードで使うことがあるかもしれない。今のMac miniが調子が悪くなったらの話ですが。

7月 11

海外からのお買い物。

アメリカからのお届け物。PowerPointやKeynoteで使うプレゼンツールです。しかもレーザーポインター付き。

Kensingtonが出している、グリーンレーザーポインター付きプレゼンターです。日本では発売されてません。amazon.comでも国外発送してくれない代物。なので、buy.comの楽天版、アメリカダイレクトという個人輸入を試みました。注文したのが6月中旬。発送されてきたのが7/11という何ともながーい期間のかかる通販でした。


今まで使っていた赤色のレーザーポインター付きプレゼンターとの比較。これもKensingtonで日本未発売。この左のは、Mac海外通販で有名なVintage Computerで買えます。

グリーンレーザーにしたかったのは単に興味からです。日本のコクヨが出しているグリーンレーザーだと定価5万っすよ。そんなの買えません。買っても落とすのが怖くて使えないかも。今回買ったものは、日本円で5000円ちょっと。激安です。激安だからといっても、CLASS2レーザー規格なので、一応日本の規制対象には入らない出力のものです。

グリーンレーザーが高いのは、出力が不安定らしく、安定させるには結構技術がいるそうです。それでコクヨ製は高いと。仕事柄こういうツールは必要不可欠なものなので(わざわざMacに向かってキーを押していると、誰に向かってプレゼンしてるかわからんし)好んで使ってます。

ただ、Kensingtonのは日本未発売。昔、レーザーポインターで目を痛める事件が多発しましたよね。その関連で、大きさや形状が日本で流通させるためには決まっているようなのです。
ググってみると、消費生活用製品安全法という法律で規制されてます。
(ただ、この法律では製造・販売・輸入業者への規制なので、個人で輸入や国外で購入したものは規制対象にはならない…はずです。法の専門家ではないのであしからず。)
どっちにしても、今回の場合はきちんとCLASS2を確認して買っています。

ネット通販でもレーザーポインターの高出力型が売られているようですが、これはCLASSが規制対象になるものがある(=目を痛める)ので注意が必要です。間違っても人に向けて発射してはいけません。取り締まられます。

まあ、こんなものを使いながらJobsのようにプレゼンできればいいのですが、なかなかそうはいかないものです。が、努力は惜しまないように心がけています。プレゼン上手くなりたいなー。そして、ちゃんと聞いて欲しいなー。

7月 08

Apple電話サポートに。

どんどん新MBAの問題解決模索blogになっている気がしますが…。

今日のお昼に、意を決して電話してみました。
さすがに日曜なので、電話は15分くらい待たされた。
受けた女性の方は、簡単に症状を尋ねられて、その後誰か上級の人に振るかと思いきや。生憎日曜なので上級部署に繋げられませんので、お手数ですが日を改めて…とのこと。
一応、受付番号のようなものをもらったので、それをもとにすると、引き継ぎがされるシステムらしい。

なるほど、サポートも日本企業とはちょっと違って連携が取れているのね。
日を改めますか。

7月 04

新MBAの続報。

今日のお仕事先、普段はコンピュータ使わないのだけど、問題の切り分けのために敢えてプロジェクターと新MBAを繋いでみました。以前dynabook R731(2012年1月購入)を投映してみたら問題なく映ったので、これはいけるかな?と思いきや。

案の定、同じ黒い画面に縦の白い筋が3本。あちゃー。2001年導入の古いSONYのプロジェクターでしたから。それにまたしても調整卓を介在させているので。

しっかし、本当にわからなくなった。これは一度電話サポートに尋ねるか?

6月 28

新MBAの相性?

ようやく新MBA、開封してセットアップまで済ませました。開封の儀とかはしませんでした。あ、Twitterで写真投稿したっけ。
今回は旧MBAからのデータ移行は辞めて、完全に新しくセットアップしました。Buffaloの光学式ドライブが何故か認識しないので、リモートディスク…ではなく、AirDropを使ってみました。上手くいきました。はてはて、なぜ認識しないのかな?電力は足りているはずなのに。

今日のお仕事先で初めて使ってみました。いや、使おうとしました。講義室でAV調整卓のVGA端子と、MiniDisplayPort-VGAアダプターを接続して、使ってみようとしたら。

画面が出ません。黒い画面に縦に3本白い筋がはいった状態で使い物にならず。
早めに講義室に行っていたので、解像度やリフレッシュレートをいじってみたのですが、無理でした。私はPowerPointではなくKeynoteなので、常設してあるWindows機では開かない。なので、KeynoteをPDFに書き出して、WindowsのAdobe Readerをフルスクリーンにして急場をしのぎました。以前にもそういうトラブルに遭ったので、最終手段として頭の中にインプットされていたみたい。ただ、アニメーションとかトランジションとかは見せられなかったけど。

困ったなー。プロジェクターの問題か、AV調整卓の問題か、アダプターの問題か、MBAの問題か、全く切り分けができない。せっかく買ったのに!やっぱMacの初物を買うのはリスキーだと思いましたさ。

仕方ないので、来週からは旧MBAを何とかだましだまし使って行く。この季節、ものすごい発熱なんだよなー。ファン回りっぱなしだし。バッテリーも持たないし。

ちょっと調べてみます。