iOS5にしてみましたが…

でました、iOS5。出たばっかりは混雑するだろうから、しばらく待ってようやくアップデートしてみました。

Twitter上で真っ先にアップデートした人の様子をみていると、どうも時間がかかるということらしい。おそらく一斉に世界中からアップしている人がいるので、サーバーが遅くなってしまっているのでは、ということ。やはり少しタイムラグをあけて、アップして良かったです。
わら。の場合はだいたい1時間くらいでアップ完了。復元にものすごく時間がかかったことが原因です。これも(推測ですが)iOSをアップするために、一度iPhoneをまっさらにして、それからOSの入れ替え、そしてAppとかミュージックとかを復元する、という仕様のようです。まぁ、確かにOSですから、リスク回避という点ではまっとうな答え。が、32GBのiPhone(しかも容量をほぼ使い切ってる)には長丁場。

で。無事にアップデート出来たわけですが、あまりAmazing!!という感じではありませんでした。もっとも、私の場合はiCloudが本命。MacのiCalとiPhoneのカレンダーを同期させてスケジュール管理していますので。しかもMobileMeの売りであった、OTA(Over The Air)で同期させていましたので。

が、どーやってもMobileMeからiCloudへの移行ができない。サーバーエラーの画面ばっかり出ます。日本時間の夜中にやっているので、回線空いているだろーなーと思ってたのですが、先述の通り世界中で移行しているようで…
仕方ないので、iCloud移行はしばらく置いておくことにしました。そしてiPhoneのカレンダーを見て愕然。全然同期できてやがらないの。しくじったー。iCloud前提のiOS5なので、MobileMeからiCloudに移行できている状態でないと、カレンダー同期はOTAでは出来ない模様。

当面iCloudに移行するまでは、MacとiTunesでDockケーブルでの同期することに。

.MacからMobileMeに変わった時も、大変な騒動だったので、今回は失敗は出来ないはず。当時Jobsが結構怒っていたらしいから。にもかかわらずこの事態。うーーーーん。しばらく様子見ですか。

しっかし、中途半端にiOS5にしてしまったので、また面倒な状態。

iOSのアップデートのつもりが、iCloudの関連で、Macもだいぶ使っての大作業になってしまいました。

#この際、紙の手帳でスケジュール管理しようかな。ちょうど手帳売り始めているシーズンだし…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.