リビングのFMV、HDD交換。

自宅のリビングで使用しているマシンは富士通のFMV-D5330というもの。
2006年発売モデルで、且つヤフオクで中古で購入したせいもあって、最近は不具合多発してました。4月にリカバリディスクをヤフオクで落札し、リカバリしたのですが、Nortonの調子が悪い(エンジンが更新出来ない。定義ファイルは更新出来るけど)とか、Firefoxがフリーズするとか、数えればきりがないくらいでした。
そして、容量が何と40GBという代物。そしてSMART情報を見てみると8000時間経過しているようで。型番にSTとあるのでたぶんSeagate製でしょう。

そこで、sofmapで中古再生品の120GBのMARSHAL製のHDDを購入しました。これ。

写真では見づらいですが、今年の日付が入っています。中古品とはいえ、大丈夫でしょう。
そこで登場するのがクローンソフト、HD革命。アカデミックパックです。

そして、SATAをUSBに接続するケーブル。なんでこんな物が常駐してあるのか。いやはや。

これで準備完了。まずは新しいHDDをWindows上でフォーマット。
そして、HD革命をインストールして起動。コピーをするドライブを決めてえいや!とやります。

しばらく転送に時間がかかります。何せUSB接続なので。SATAだと速いとは思うのですが、無駄に筐体を開けたくなかった+面倒は避けたかったので。といっても元のHDDが40GBなのでそんなに時間はかかりません。30分くらいで終了。そして筐体を開けて交換。

それで電源ONするとばっちし動きました。いやはや、クローンソフト恐ろしいですね。この手のソフトだとシマンテックのGhostとかが有名ですが、国内企業で且つアカデミックの効くHD革命にしてみました。

もともとのHDDは5400回転で、新しいのは7200回転。心なしか起動や動作が機敏になりました。そして、3倍の容量に増えたので広大な領域を使う異ができるように。まあほとんど使わないですが。

昨今はSSDが価格下落しまくりで手に入りやすいのですが、それでもコスト単価は高いです。
かといって新品のHDDだと500GBが最低ラインになっているのでオーバースペック。そう考えると、中古再生品というのもいいのかもしれません。たった2480円でした。
一応、SMART情報を見てみると、電源投入回数も稼働時間もリセットされてます。そりゃそうか。

Nortonはどうなったかというと、結局動作不具合は直らず。まあいっか。
そう思っていたら、何とプリンターが故障。ドライバ?と思って再度インストールしても変わらず。PCは復活したのに。とほほほほ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.