阪急電車 征志とユキの物語

映画「阪急電車」のサイドストーリー。スピンオフですか。
原作派の私としては、これが本編に入っていなかったことが非常に残念でした。

ネタバレありなので、折り返し。

文字通り、征志とユキの物語です。原作の最初と最後に出てくるカップル。
図書館通いで偶然知り合った2人。阪急電車内で「生」の文字を一緒に見たところから始まります。図書館通いから恋愛に発展するという、有川作品らしい感じがまとまっていて好印象。
なぜ、これを本編に入れなかったのかが大いに疑問なのですが。ていうか、DVD版でも別売りになっているのもちょっとなーと思うところ。版権の関係もあるのでしょうが。

図書館のシーンでは実際の宝塚市の図書館を借り切ってのロケのようで、結構凝った作品になっています。ただあえて苦言を言うなら、ちょっと画像がチープ。映画とは違うスタッフなのか、まるで大学生のサークルが作ったような動画だったのが残念。

原作派の人には必見です。この話がないと味わえない、よい原作なのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.