AppleCare加入。

AppleCareに加入しました。
今まで買っていたMacは加入してませんでした。理由は高いから(^^;)
幸運にも、今まで加入していないMac達は不具合もなく動いてくれています。とくにポリカのMacBookは2007年購入にもかかわらず、大きな不具合なく現役で活動してくれてます。

そんな私が今回初めて、MacBookAir(mid 2012)をAppleCareに加入した理由は。
1.液晶プロジェクターとの接続不具合(今までの記事にあるやつです)
2.比較的長期間使用予定で仕事用。

この2点です。
ご存じの通り、AppleCareに加入すると保証期間が購入から1年から、購入から3年までに延長されます。ただ、高い。24800円。教職員割引を活用しても19800円。
ということで、Amazonを活用させてみることにしました。Amazonだとマーケットプレイスで15500円でしたので、教職員割引よりも安いことになり、購入しました。

昨日日曜に注文したのに、即日発送(日曜なのに)、本日午前中に到着。

既にご存じの方が多いですが(^^;)素っ気ない箱です。

中身も説明書と登録のコードが書いた紙だけです。簡素そのもの。
Appleロゴのステッカーは入ってませんでした。

早速登録してみます。登録サイトから登録ボタンをクリックして次の画面へ。

登録にはMac本体のシリアルと、AppleCareの登録コードが必要です。
次の画面に行く前に、AppleIDを求められますので、入力しておくと住所や氏名が自動入力されます。私の場合は所属機関に大学名が入っていました。教職員割引でオンライン購入したのでその時の情報が反映されているようです。(個人情報満載なのでこの部分のスクリーンショットはないです。)

登録が完了するとこのような画面に。ちゃんとMac本体と紐付けされました。完全な登録反映には少し時間がかかるようです。

その後、メールで登録書なるものが送られて来ます。といってもテキストですが。
気になった点は、有効期限が購入日の3年後の日付になること。購入日とは、リアルストアで購入した場合は即受け渡しになると思いますのでそれで良いかと思いますが、私の場合はCTOでしたので、中国から発送された日になっていました。通関トラブルがありましたので、実際に手に入った日は数日後になっています。そのあたりのCareもしてくれると良いのですが。まあ些細な日の誤差かもしれませんが。

あとは。なぜか登録書の所属が前の大学の所属に。これはちょっと理由がわからないのですが…

AppleCareはあくまでも自然故障のみの対応ですので、誤って落下させて破損させてしまったり、改造した場合は保証が効きません。もともとMacBookAirは改造できる部分がSSD交換くらいしかできませんので、そのあたりは気にしないでいいのですが、破損は気を付けないといけないですね。

そして、できればこのサービスを利用しないことを願うばかりです。大学の後輩がロジックボード全交換になったにもかかわらず再度修理が必要になってしまったこともあり、ドツボにはまるケースもあるようですので。

そういう意味でも、保険だと考える方がいいですね。

さて、大学は秋学期(後期)までは時間がありますが、秋学期は無事に使用出来るでしょうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.