iPhone5発表に関しての雑感。

iPhone5が発表されましたね。
ほぼ事前リークの通りだったので、私にはあまりAmazingなことはありませんでした。
気になったのは価格と料金プラン(通信定額)くらいでしょうか。

価格は4Sとほぼ変わらずで、4ユーザーにとっては有り難い価格ではあります。
で、通信定額に関しては、auもSoftBankもLTEになりました。そのため、価格がSoftBankでは実質1000円程度の値上げになっています。ここがミソで、両キャリアともLTEは今回のiPhone5から提供開始。docomoのXiは3大キャリアで一番サービス開始が早かったのですが、現状私の住んでいる奈良県ではほとんどエリア外です。そんな状況のなか、auやSoftBankといった後発陣がどの程度エリアを提供するのか、未知数です。両キャリアとも、サービスエリアを公表してますが、あくまでも予定エリア。実際にどの程度使えるのかが問題になってきます。

私はSoftBankのiPhone4を利用していますので、買い換えを検討してはいるものの、飛びつき(初回予約)はしませんでした。
理由としては、
1.上述のLTEサービスエリアがどの程度かわからない。
2.iOS6がどのような変化をもたらすか不明。特にGoogleMapが使えなくなるのは不便。
3.Lightning対応アクセサリーがどの程度発売されるか不明。

といったところでしょうか。
特に3のLightningに関してはリーク通りですが、従来のDockとの変換アダプターが高いですね。Magsafeのアダプター程度の価格(980円)だったら飛びついていたかもしれませんが、従来のDockアクセサリをたくさん持っている私にとってはしばらく様子をみていくことが必要と感じました。

あとはテザリングですが、私の環境の場合E-MOBILEを使用していることもあり、わざわざ電池の持ちが下がるテザリングには余り興味はありません。もっとも、スマートにネット環境を構築出来るという点ではいいかもしれませんが。

また、料金プランです。(画像はSoftBankのHPより引用。)

LTEで料金が上がることは、設備投資の面からよくわかるのですが、SBで5460円はちょっと高い。私の場合ですと32GBを使用していますので、そもままの容量だと7185円〜になってしまいます。ちょっと高い気がしますね。

SBはLTEの容量を7GB制限を一時上げていて、その後HPからは撤回されるなど、auとの価格戦略を考えている気がします。上述のようにLTEがどの程度使えるのかわからない現状では、私には高い料金プランに変更することを躊躇してしまいます。

魅力的な機種をJobs亡き後発表したAppleには敬意を表します。
あとは、どの程度使えるか、キャリアの努力に任される部分だと思います。
特にSBの場合は鳴り物入りでプラチナバンドを出してきたものの、直ぐにLTEに流れるというなら、ちょっとなーと思ってしまいます。LTEに関してはAppleの戦略もあり、また秘密保持の点から両キャリアとも今まで発表出来なかったのでしょうが。

加えて言及するなら、ここで起死回生のチャンスだったのに飛びつかなかったdocomo。LTEに関してはXiで先行してるのですから、解約率がトップという不名誉な状況を改善できるチャンスだったのではと思ってしまいます。私はdocomoのガラケーを仕事用に使用していますが、ここでdocomoからiPhoneが出ていたら、流れは変わっていたと思ってしまいます。

本来であれば、発表当日にエントリーしたかったのですが、情報が錯綜していましたので、ちょっとエントリーが遅くなりました。

と言うわけで、私的には買い換えを前提にしているものの、しばらく様子見というところです。
21日から発売ですので、その頃からレビューがどんどん出てくるでしょうから、それを見ながら検討していきたいと思います。多分、SBで機種変になると思いますが…いつになるやら(^^;)
個人的にはこのままの情報状態だと、供給が落ち着く頃、春頃に変えることになるかもしれません。

iOS6に関しては、19日から提供されますが、おそらくアップはしないと思います(Mapの問題で。)

さてはて、21日を楽しみにされている方同様、私も影ながら情報を探りながら、推移を見守って行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.