腕時計のオーバーホール

(写真はマクロレンズがないので画質が粗いです。ご了承を。)
少し前の記事で触れましたが、腕時計をオーバーホールに出していました。
本日到着したので記事にしてみようと思います。

物はセイコーのWIREDの古い2007年モデル。現行モデルではなくなったデジアナのクォーツ式です。
神戸で仕事をしていた時に、確か2万位で購入した、安物の時計です。

最近は携帯電話を時計代わりにする人が多いようですが、仕事柄NGなので、腕時計は必需品です。
電池が切れて止まったのと、以前から湿気入りでガラスが微妙に曇っていたので、メンテナンスに出すことにしました。
高い機械式時計なら、ネットで探すとたくさん業者が出てきますが、クォーツ式の安時計をメンテナンスしてくれるところは少なく、調べて調べてたどり着いたのが 時計クリーニング.COM という福岡のお店。洗浄メンテナンスだけなら3150円でやってくれるというし、何よりちゃんとした資格をもった方が作業されるということで、9月頭に依頼をしました。

依頼後、メールで診断と見積もりを送ってくださいました。PDFで丁寧な診断結果と見積もりをいただけます。無断転写転用禁止とのことですのでアップしませんが、かなり丁寧に診断してくださいます。
電池交換と洗浄だけだと6090円(電池交換2000円)ですが、やはり湿気入りなので、OHをしたほうがよいとのこと。OHの場合は電池交換、洗浄込みで10290円ということですので、OHを依頼しました。確か以前に時計店ではない量販店で電池交換したのですが、その時以降湿気入りが気になっていたので、たぶんその時に湿気入りしたのでしょう。やはり時計店で電池交換をすべきだとちょっと後悔していました。

納期1ヶ月とのことでしたが、先週末にできあがったとのことのメールをもらい、代金を振り込んで今日届きました。
ガラスの曇りもすっきり取れ、ほぼ新品同様の仕上がりになっていました。ちょっと感動です。
本体もベルトもチタン製ですので、傷だらけですが、あきらかに綺麗になっているので満足です。
本体を分解していますので、1年の保証付きです。(防水性能に関しては別のようです)

2万で買った時計を1万以上かけてメンテナンスとは、ばかげた値段だと思われるかもしれません。
ただ、私の気に入った時計であり、現行モデルではデジアナモデルがなくなってしまっています。前にも書きましたが、物持ちは良い方でできる限り物を長く使う私には、大量消費時代の買い換えサイクルが苦手です。
そんなこともあり、今回はOHに出してみました。私としては非常に満足しています。

頻繁にメンテナンスをすればよいのかもしれませんが、あまり予算もないので、次回はいつになるかわかりませんが、また依頼することになると思います。ガラスに傷が入っているのですが、今回は交換の費用は予算オーバーになってしまうので依頼しませんでした。次回はガラス交換も依頼してみようかと思います。次回はOHにかけなくてもいいように丁寧に扱うことにします。

***
Apple製品は結構な頻度で買い換えていますが、それでもポリカのMacBook白は現役で使っています。OSはSnow Leopardのままにしていて、Lion以降で動かない統計ソフトなどを動かしています。
Apple製品は最新のものだと最新のOS、ソフトしか対応してくれませんので、業務や私のように研究で使用する場合はソフトの買い換えが結構な値段になってしまいます。統計ソフトの SPSS というものは、アカデミックでも15万くらいする高価なソフトです。Adobeが可愛らしくなってしまう強烈価格です。統計値が、バージョンアップで変わったらそれこそ信頼性の意味でも一大事ですし、バージョンアップ商法にはちょっとうんざりです。そういった意味でも、Apple製品も古いものも残しておかないといけないですね。特にSnow Leopardまでの環境はRosettaが動く最後のバージョンになりますので、気をつけないと。
***

明日には修理に出したCanonのプリンターが戻って来ます。
物は長持ちさせる、確かにコストはかかりますが、そんなことも考える必要はあるのではないでしょうか。

今回の時計のOHやプリンターの修理で、結構な値段してしまいましたが(両方新品が買える)それでも修理。
お財布との相談が必要だと思いますので、誰しもにおすすめ出来ませんが、余裕のある方は考えてみてはいかがでしょうか。

2 thoughts on “腕時計のオーバーホール

  1. こんにちわ(^^)

    腕時計のオーバーホールですね〜 防水(5気圧位?)の様ですが
    防水の時計は電池交換毎にOリングの交換をするのがホントらしいん
    ですよね〜でも費用が掛かるのでほとんどしない様ですがね〜
    以前にダイバーを使っている時は正規店に出すとOリングの交換+
    耐圧防水試験までやって証明書を付けて来ましたね〜ただ費用も
    しっかり電池交換なのに1万円以上掛かった記憶が有りますから
    実は防水の時計の電池交換は大変なのかもしれないですね〜

    業務ソフトは値段が高いですからね〜(とても(゚д゚)!)互換性の
    問題は困った問題ですよね〜それが有るのでDTP関係とかで
    クラシックなMacを良く目にしますよね〜APPLEさんも
    純正でエミュレータでも出してくれると良いのですがね〜

    それでは^_^

  2. koozypさん
    こんにちはー。コメントありがとうございます☆
    そうですね、防水時計はパッキンの交換が必須のようです。
    私が出した際もちゃんと交換してもらえました。
    私の場合はOHなので防水試験はしてもらいませんでしたが、
    ダイバー時計とかだとやはり必要のようですね。時間がかかるそうです。

    業務ソフト、本当に高いです!Windowsならバージョン上がっても使えたりしたりしましたが、Macの場合はそうもいかないので…。ほんと、エミュレータ出してほしいです!

    ではでは♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.