Happy Hacking Keyboard

こんにちは。わら。です。
本日から私の職業は秋学期(後期)開始です。長い夏休みでした。といっても、春学期(前期)の試験・レポート採点やら成績評価やらの事務作業、そして学会発表とやることはたくさんあったので、出勤していないだけで在宅の仕事はたくさんありましたが。友人達からは「夏休みが長い」と、うらやましがられますが、在宅仕事が多い(=無給)ですのであまり良いとは思えないですが。

さて、そんな中9月中旬に学会発表で東京に行ってきました。年に2回は何らかの仕事で東京には行っています。今回は自分の発表以外のシンポジウムやワークショップには余り興味がなかったので、短めの日程でした。それでも秋葉原巡回は定番です。特に何も買うものがなくてもついブラブラと足を伸ばしてしまいます。何故でしょうか…。

そんな中、興味があったのが、イオシスの系列店BEAT-ON!で見かけたHappy Hacking Keyboard Lite2 for Mac です。以前、若旦那の独り言wp (MacFanライターの矢橋司さんのblog) で中古で安く売られている、とあったので、試しに覗いてみたら店頭に並んでいました。
中古ということで日焼けや汚れが目立つ物ばかりですが、あまり日焼けしていないものがあったので、購入してみました。2,980円で買いましたので、定価の約半分というところでしょうか。

HHKBはよく知られたPFUのKeyboardで、私の知り合いの先生もMacで愛用されています。私はMacBookからの純正アイソレーションキーボードに慣れていましたので、これまでは純正のワイヤレスを使っていました。キーボードは使用者によって相性や使い勝手があるので万人に受けるものはないのが当然なのですが、評判が比較的良いので試し買いです。

中古とあって汚れがひどかったので、帰宅後通電、正常に起動できることを確認してから、掃除に取りかかりました。キートップ引き抜き工具を使って全部キーを外し、キーは洗面器に洗剤を入れてつけ置き。本体は分解できませんでしたので洗剤とぞうきんを使って綺麗にし、ダスターで埃を取り除きました。潔癖癖があるので中古の洗浄は必須です。ましてや手指を使う入力機器ですし。

洗浄後の写真がこれです。キートップにテカリはあるのと、Kanaキー下の本体部分に洗剤で取れない汚れがあるくらいで、十分使えるものに仕上がりました。(できればこの状態で売って欲しいところですが(^^;))

違う角度からのアップ。新品に見えるのは写真のマジックです。(リサイズ以外、加工はしてません)

HHKBは純正とは違って昔からのキーボードのコンパクト版です。しかもファンクションキーがないタイプ。私はATOK使用者ですが、カタカナを入力する時にF7キーを使って変換することがあるので、わざわざFnキーを押しながら数字キーを押すのは面倒にはなりました。あと、iTunesで音楽を聴きながら作業していることも多いので、純正にある再生やスキップキーがないのもちょっと惜しいです。後はコマンドキーが純正より小さいというのもちょっとがっかりな部分です。

しかし。Liteとはいえ(Mac版はLiteだけですが)打鍵も良く、慣れれば普通のキーボードとして十分です。自己流のタッチタイピング(「ブラインドタッチ」は差別的表現があるそうで)ですのであまり正式なタッチタイピングができませんが、慣れない訳ではなく、ミスタイプも少ないです。そしてキーから「かな文字」が消えてシンプルなのもいい感じです。

先述の通り万人に適した物ではありませんが、書き物をよくする人には、キーボードの善し悪しでストレスが左右されるかと思います(そういった研究があるかはわかりませんが)。実際この記事もHHKBで書いていますし、購入してから約2週間経ちますがずっとHHKBで入力作業してますが、結構馴染んできています。

このHHKBは東京大学の情報基盤センターのMacでも使用されています。東大はMacを大量導入していて、Windowsは仮想環境で使っているそうです。ちょっとびっくりです。

秋葉原にアクセスが近い方は一度見てみてはどうでしょうか。大手量販店でも実物サンプルを置いていますので、打鍵感は体験できます。
メンブレン式のもので、私の印象としては軽い入力感です。ただ打鍵音は純正がほとんどしないのに、結構な音がしますが。(Cherryとかメカニカルほどは激しい音はしませんが深夜の入力作業はちょっと…)

Amazonで調べてみたら執筆現在で4,163円でした。新品でこの値段だったらこっちの方が良かったかも…。

有線+テンキーレスですのでその点はご注意を。私はしばらく使ってみようと思います。飽きたら純正に戻すかもしれませんが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.